意外と難しい指輪選び

結婚指輪を選ぶのはカップルにとって一番最初の大仕事ではないかと思いますが、結婚指輪というのはついつい指輪のサイズとか指輪のデザインだけで選んでしまってはいないでしょうか?結婚指輪にしても普段身につける指輪にしても、指輪というのは手を美しく魅せてくれる指輪というものを選ばないといけません。

指輪をせっかく身につけるのに、指をきれいに魅せてくれないものはおススメしません。

では例えば私は指が太いのが気になるという方は、どのような結婚指輪を選べばいいのでしょうか?指の太い方と言っても、指が太くて短い方や逆に指は太いけど長い方というタイプもいます。

例えば指が太くて短いタイプの方は、どのような結婚指輪が似合うのでしょうか?指が太いのが気になるとか短いという方はストレートなタイプの指輪よりは、指輪がVの形になっているタイプなどの少しデザインに動きがあるような指輪が、より指をきれいに魅せてくれるでしょう。

またVの形になった指輪のタイプ以外にも、指輪の中央に石などが配置された指輪というのも中央に目線が行きますし、指の短さや太さをカバーしてくれます。

逆に先ほど述べたようにストレートなタイプの結婚指輪や普段使いの指輪というのは、かえって指の短さであるとか太さというのを、さらに強調してしまうのでデメリットばかり強調してしまいますのでおススメ出来る指輪であるとは言えません。

このことを念頭に置いて、パートナーと指輪を探すようにしましょう。

※色々な結婚指輪を見られる参考サイト⇒結婚指輪ランキング~人気ブランド2015~

結婚指輪はどれくらいの価格が一般的?

結婚指輪にはいろんな種類があって、値段もいろいろです。

テレビで芸能人などの結婚のニュースで、豪華な指輪を目にすることがありますが、私たちのごく一般的な結婚指輪はいくらくらいするものなのでしょう。

【婚約指輪よりはお手頃】

結婚指輪は、婚約指輪よりもお手頃価格で買えるものです。

先輩花嫁たちにアンケートをした結果では、夫側、妻側ともに10万円台が最も多かったようです。

年代は20代から30代と、一番結婚する人が多い年代です。

年代が上がるともう少し高くなるようですが、だいたい10万円台と考えておけば良いでしょう。

【妻側の方が高めになる傾向】

だいたい10万円台が多いのですが、中には10万円を超える結婚指輪を買うカップルもいます。

妻側の方が高めになることが多いですね。

その理由として、女性用の結婚指輪の方には、小さなダイヤモンドが埋め込まれているものもあるからです。

毎日身に付けるものですからダイヤは引っかからないように埋め込まれており、使いやすくなっています。

妻側にダイヤがついた指輪も結構人気となっています。

【女性の希望を聞いてあげて】

最近は男性も結婚指輪をする人が増えていますが、男性はあまりこだわりがありませんよね。

やはり女性はあれこれこだわりがありますから、結婚指輪についても女性の希望を聞いてあげる方がもめたりせず、うまくいくのではないでしょうか。

男性もよくわからないので女性に任せてしまった方が楽かもしれませんよ。