9月 16 2015

ダイアモンドはこう選ぼう

結婚指輪の中でも特に人気の高いデザインのものに、必ずと言っていいほど使用されているのがダイアモンドではないかと思います。

ですが、たしかにダイアモンドの指輪や結婚指輪は人気が高いですが、ダイアモンドの結婚指輪であればどのようなものを選んで失敗がないのかというと、それはそういうわけではありません。

例えばダイアモンドの結婚指輪にしても普段使いの指輪にしても、ダイアモンドの指輪というのは、よく立て爪というのが使用されています。

この立て爪というのは、たしかにダイアモンドの美しさを強調してくれるのではありますが、この立て爪がネックになってしまうという場合もあります。

というのも、あまりに立て爪の部分の高さが高いと返ってものに引っかけたりであるとか、あるいはケガの原因となってしまう場合もゼロではないのです。

さらに最悪の場合には、思わぬ破損の原因になってしまう場合も否定できません。

しかも破損の場合には、ジュエリーショップに持ち込めば、なんとか修理も出来るかもしれませんがダイアモンド自体を紛失してしまったとなれば…意気消沈では済まないでしょう。

そのためダイアモンドの、いつも身につける結婚指輪というのを選ぶ場合には、立て爪の高いタイプについつい目が行ってしまいがちにはなりますが、あえて立て爪の高さがさほど高くないようなタイプのデザインの結婚指輪というのを選ぶと、日常生活で思わぬ破損やケガや失敗などにもあわないで済むのではないでしょうか。

Comments are closed.